企業買収(M&A)と言うと、一昔前までは大企業どうしが行なう買収や吸収合併といった大掛かりなイメージがありましたが、近年では中小企業の事業継承や事業拡大の手法として一般的になりつつあります。このコラムでは、M&Aのメリットや注意点について詳しく解説しますので、M&Aを検討している企業の人は必見です。

双方にメリットがあるM&A

中小企業の大きな経営課題に事業継承と事業規模の拡大があげられます。中小企業の多くは大手に比べて資金力が弱い会社が多く、事業を引き継ぎたいと思う人が見つからなかったり、新しい事をしようとすると金融機関からの借り入れを増やす必要があるなど、色々と問題があります。近年はそのような問題の解決策として注目されているのがM&Aです。どのようなメリットがあるか詳しく説明していきます。

企業間だけでなく、日本経済全体にとってもメリットがある

企業買収のノウハウを持っていることが大事

企業買収のニーズが拡大しています。多様化を見せるビジネスの形が、そのままあらわれているともいえるでしょう。M&Aがここまで日本にも浸透を見せているのは、それだけ日本の経済界にもマッチしていることが背景にあります。 世界でも指折りの経済大国にまで成長を遂げた日本経済には世界中から熱い視線が注がれることになります。実際にM&Aに成功した経営者の多くが、「ここまで上手くいくとは思わなかった」と振り返るのも極めて印象的といえるのではないでしょうか。M&Aを成功させたいのであれば、しっかりとしたノウハウを持った仲介企業の力を借りることも必要かもしれません。専門知識を学んだ人にしかわからないポイントもあります。

成功すれば勢いがつく!

多くのM&Aや企業買収などが成功することは、その当事者だけがメリットを享受するわけではありません。日本経済全体を考える上でも極めて有用なことといえるのではないでしょうか。M&Aを提案するのは、その企業の弱い面をカバーしたり、強みを徹底的に伸ばしていくという側面も持ち合わせます。ただ単に経営危機に直面する危機などを救済するという意味合いではないといえるでしょう。 得意分野を更に充実させることや、苦手なところを切り捨てるなどのメリハリをつけることができるのも、M&Aのメリットです。結果として企業としての実力がつくことはもとより、国際競争力もより強固なものとなります。中小企業であっても、M&Aをすることで日本を代表する企業に生まれ変わることもあります。

M&Aの注意点

メリットの大きいM&Aですが、中小企業の中には、決算書と実際の資産の整合がとれていなかったり、従業員同士の結びつきが強かったりと、注意が必要な場合があります。対処しないまま話を進めてしまうと、余計なコストがかかったり、思わぬトラブルに発展しかねません。1つ1つクリアにして、M&Aを有意義なものにしましょう。

帳簿だけでなく、実際の資産も把握する

M&Aをするときに資産があるかどうかは大事な要素です。想定以上の資産があれば、M&Aが成功する確率は上がります。この資産の確認は帳簿上で確認するのが一般的です。しかし、M&Aをするときには帳簿だけ…

» Read more

買収される側の従業員の心情には充分配慮する

M&Aによって買収された会社の授業員は、新しい社風の中で人間関係を新たに築くことになります。長年、働いていた人ほど新しい社風や人間関係に溶け込むことができるか不安を感じているでしょう。中には、新し…

» Read more

企業文化の違いを受け入れる

最近では企業の合併や吸収が日常茶飯事となってきています。目まぐるしく変化する社会状況にあわせて、企業もそのスタイルを刻々と変化させています。M&Aの際に、異なる企業を受け入れる側も取り込まれる側も…

» Read more