企業文化の違いを受け入れる

組織が大きく変化する時

最近では企業の合併や吸収が日常茶飯事となってきています。目まぐるしく変化する社会状況にあわせて、企業もそのスタイルを刻々と変化させています。
M&Aの際に、異なる企業を受け入れる側も取り込まれる側も、合併や吸収が行われた瞬間から相手の企業文化を意識するようになります。企業の合併や吸収の時、長年なじんできた自社の文化と相手企業との相違が色濃く感じられるものです。
企業の再編が行われた場合、企業文化の違いからそれぞれの会社の社員がカルチャーショックを起こすケースも少なくありません。M&Aで組織が大きく変化する時に、所属する社員も新たな会社で変化に対応してゆかなくてはいけません。
では、実際にどのようにしてゆけばよいのでしょうか。

文化の違いを受け入れる

企業の吸収や合併の際に感じる相手企業とのギャップは、海外旅行に初めて出かけた時に感じるカルチャーショックと似ているかもしれません。
ギャップに慣れる一番良い方法は、相手企業の文化を批判せずにその文化に浸ってみることです。これは、ことわざにも言われている「郷に入っては郷に従え」の知恵です。そもそも、それぞれの企業の文化は、その企業に属する人たちが長い時間をかけて築き上げたものです。どんな文化にも、それが正しいと考えられるための根拠があるものです。
偏見や先入観を持たずに、相手企業の文化を思い切って受け入れてみましょう。そうすることで、新たな視点や今まで気づかなかった良い点が見えてくるかもしれません。