買収する側のメリット

企業買収は売り手と買い手の双方にメリット

M&Aは合併や買収などの手法を用いて企業の経営権を移転させることをいい、経済関連のニュースなどでしばしば耳にする言葉です。近年では、大企業にとどまらず中小企業の間でも活発に利用されています。
さまざまな理由で行われるこのM&Aですが、成功すれば各関係者に大きなメリットをもたらします。M&Aの一手法である企業買収を例にとると、まず売り手にとっての最大のメリットは現金収入を得られることです。オーナー社長が引退を考えているが適当な後継者がいない、といった場合に経営権を他企業に譲渡すれば、事業は買収先で継続されるうえに自らの生活資金を確保することができます。
一方、買収する側にもさまざまなメリットがありますが、そのうち最も顕著なものは時間の節約です。

既存の経営資源をそのまま確保

企業が新規事業を立ち上げるには、資本・人材といった経営資源を確保したうえで、研究・開発や市場調査等に多くの時間を割かねばなりません。もちろん、多くの手間と時間をかけてもそれに見合うだけの利益が得られるという保証はありません。
これに対し、買収によってすでに実績のある企業の経営権を取得すれば、その企業が持っていた人材や顧客、営業ノウハウなどをそっくり引き継ぐことができるため、ゼロの状態から自力で市場開拓を行うよりも効率的に事業を軌道に乗せることが可能になります。
この「時間を買うメリット」は、新規事業のみならず既存事業においても発揮されます。同業他社を買収して傘下に収めれば、市場シェア拡大に要する時間を大幅に節約することができます。